【南條愛乃】あたたかかった沖縄とごきんじょの輪~ごきんじょるの町内会2019~[後編]

 

 

どうもこんばんは、ふぁいんです。

 

 

予定より1日遅れてしまいましたが、今回は後編をお届けします。

 

 

ファンミーティング2日目、3日目のお話と、まとめの感想を書ければと思っておりますので、今回も「手短に」を目指して頑張ります笑

 

 

2日目:首里城とあいにくの雨

 

 

2日目の最初は首里城観光から、ということで、今日も今日とてバス内で「こちらは、広報なんじょるです。」を聴きながら移動しました。

 

 

2日目の回では、旅行に持って行く荷物の話なんかがありましたね。

 

 

「今や移動に慣れすぎて荷物が極端に少なくなり、「女として終わってる」と八木さんに言われてしまった話」

 

 

とか、

 

 

「ゲーミングPCとPS4を持ち歩き、宿泊先のTVにHDMIが接続できるかを確認してもらっていた話」

 

 

とか、ここでもかいちょーらしさが全開でした笑

 

 

ゲーミングPCもなかなか重いですが、PS4を持ち歩くってさすがですよね。とはいえ両方持って行って、FF14とFF15を同時にやることはあったのだろうか……笑

 

 

音楽面では、2日目も、旅と言えばやっぱりこれ! ということで「スキップトラベル」を流し、はたまたついには、「沖縄にあいそうと思って」と、「PIANO COLLECTION FINAL FANTASY XIV」より、「紅の夜更け 〜クガネ:夜〜」を流していました。

 

 

もはや自分の曲ですらない笑

 

 

でもそんな、自由な南條愛乃が我々は大好きでした。

 

 

てなわけで、2日目の移動も楽しく行い、到着したのは首里城。

 

 

 

 

私は高校のときの修学旅行が沖縄で、首里城には来たことがあるはずなのですが、何しろもう10年近く前のこと。「こんなんだっけ?」という感じで全く覚えておらず、また、歳を重ねて、歴史的建造物が好きになっていたこともあって、楽しく見てまわることができました。

 

 

ただ、写真からも伝わると思いますが、天気が悪かったのが残念なところ。この後バーベキューだったのですが、雨もぱらついているという状況で、とてもバーベキュー日和とは言えない状況でした。

 

 

……しかし、我々ごきんじょ一同は、どこかで期待し、信じていたのです。

 

 

我らがかいちょー、南條愛乃の、晴れ女としての力を。

 

 

そしてそれは、まさに実現することとなりました。

 

 

2日目:南條愛乃は太陽神だった

 

 

会場となる「豊崎美らSUNビーチ」に着くと、降っていた小雨は止んでおり、すでにかいちょーとバンドメンバーの皆さんがバーベキューを開始していました。

 

 

かいちょーの出で立ちはサングラス、キャップ、「・R・i・n・g・」パーカー、ジーンズ、白いスニーカーと、今日もおしゃれ。「こんにちはー」と挨拶して、我々を迎えてくれました。

 

 

バーベキューは、10人ごとにグループとなり実施したのですが、各々のテーブルにはすでに食材が用意され、コンロもガスのタイプ。しかもタープテントつきということで、あとは焼くだけのお手軽なものでした。

 

 

大体全員がテーブルに着くと、小さめの拡声器を手に、やってくるかいちょー。我々のテーブルが真ん中あたりだったのか、丁度目の前で立ち止まり、最初の挨拶をしてくれました。

 

 

「普通に一般の方もいるなかで恥ずかしいです」とは言いつつ、リラックスした感じで話すかいちょー。そして肝心の、開始の合図は、

 

 

「……スタート!」

 

 

でした。なんてシンプル。でもそんなところもかいちょーらしい笑

 

 

そんなわけで我々のバーベキューはぬるっと始まったのでした。

 

 

美味しかったですよ、お肉。結構量があっておなかいっぱいになりました。この頃には、心配していた雨は完全に止み、途中晴れ間すらも見えて、我々はまざまざとかいちょーの力を見せつけられたかたちとなりました笑

 

 

かいちょーたちのバスのなかでは、「太陽神だ」という話にもなっていたそうで、ここまでくると本当に何か持っているんだろうなと思いました。太陽も南條愛乃が大好きなごきんじょさんなのか、はたまた本当に南條愛乃は神なのか……笑

 

 

そんなわけで、晴れ間のぞく空、綺麗な海を見ながらのバーベキューは、途中でかいちょーが各テーブルをまわってくれたり、最後はバスごとに記念撮影があったりということもあって、非常に素敵な経験となりました。

 

 

2日目:ミニライブ ~水平線の向こうまで~

 

 

ホテルに戻り、しばし休憩した後、夕方からはファンミーティング2日目ということで、アコースティックミニライブと質問コーナーがありました。

 

 

会場はホテル内にある「オーシャンビュードーム」という場所で、その名の通り目の前に海が広がる半屋外と素敵な場所でした。

 

 

客席から見て後ろ側に海があったため、ステージ側を向いていた我々は見えなかったのですが、ステージ上からはよく見えたようで、「飛ぶサカナ」演奏後は八木さんも感動していましたね。

 

 

「水平線を見ながらやれた」って。

 

 

 

 

我々としても、半屋外で、あたたかい沖縄の空気を感じながら、南條愛乃の歌声をアコースティックライブで聴けるという素晴らしい環境に、ただただ感動することしかできませんでした。

 

 

また、「君が笑む夕暮れ」のときには、夕焼けも見えていたらしく……天候すらも演出に変えた素敵なライブとなりました。

 

 

運営事務局のTwitterでそのときの夕日が載っていたので紹介しておきますね!

 

 

うーん、素晴らしい夕暮れだ!(@gokinjolnostaffより)

 

 

 

 

どの曲も素晴らしかったのですが、印象に残っているのはカバー曲「素敵だね」でしょうか。この曲はFF10の主題歌で、FF10の主人公の名前がティーダ(沖縄の方言で太陽)ユウナ(沖縄の方言で月)と言うところから選曲したそうなのですが、南條愛乃の歌声との相性が良く、心に染みる1曲となっていました。

 

 

私はFF10をやったことがなかったので、後から原曲を聴いてみたのですが、そもそもが素敵な曲ですね。この曲は、今後どこかで聴ける機会があるものか分かりませんので、非常に貴重な機会だったと思います。

 

 

あとは、「誇りの花」「一切は物語」のアコースティックアレンジも素敵でしたね。「誇りの花」は元々和風な印象の曲なので沖縄の雰囲気ともアコースティックな感じともよく合っていましたし、「一切は物語」については、この度ごきんじょるの友の会において「宮廷音楽家」に就任した佐々木さんが考えたというアレンジがすごくかっこよかったです。

 

 

正直最初はなんの曲か全く分からないくらいにアレンジされていて、でも「一切は物語」が持つダークな雰囲気はそのままだったので、とても素敵な仕上がりでした。さすが宮廷音楽家。

 

 

来月から始まるアコースティックツアー「わたしから会いにいきます!」でも、スケジュールの合わなかった森藤さんに代わり、佐々木さんが参加されるということなので、これは期待大かもしれませんね。

 

 

ライブの最後は、「旅と言えばやっぱりこれ!」ということで、……もうお分かりかと思いますが「スキップトラベル」で締めとなりました。改めて、南條愛乃の歌声が大好きだということを認識するとともに、沖縄の雰囲気もしっかり味わうことのできた、素敵なライブでした。

 

 

2日目:かいちょーの才能を知った質問コーナー

 

 

てなわけでライブはそんな感じだったのですが、このライブ、パート1とパート2に分かれておりまして、合間で質問コーナーを実施していました。結構たくさん答えてくれたので、これも印象に残っている質問について皆様に共有できればと思うのですが、私が覚えているのは、「優しくつもる言葉の花」制作についての裏話、ですかね。

 

 

ごきんじょのひとりがご結婚されるとのことで、「結婚式で南條さんの曲をかけたいのですがおすすめはありますか?」という質問だったのですが、それについての南條さんの回答が「優しくつもる言葉の花」でした。

 

 

私はそれを、「確かに良い曲だからなあ」と思って聞いていたのですが、どうやらこの曲を選んだ理由は曲の良さだけではないようで、いわく、かいちょーはこの曲の作詞をする際、FF14の「エターナルバンド」から着想を得たのだそうです。

 

 

「エターナルバンド(Eternal Bond)」はすなわち、FF14における結婚システム。チャット(=言葉)でのやりとりから結婚まで至る様子が、やがて「優しくつもる言葉の花」の歌詞へと繋がったようで、「『言葉』って、言の『葉』じゃない? お互いを思いやって掛け合う言の『葉』が、やがて成長して『花』になって、花束になっていくといいなと思って書いた」と言っていました。

 

 

それを聞いてから改めて「優しくつもる言葉の花」の歌詞を読むと、なるほど、確かに結婚ソングとしてぴったり。私としては初耳なエピソードだったので(忘れているだけかもしれませんが)、新たな発見を思わぬところで得られた印象深い質問でした。

 

 

あとは、これも裏話系ですが、「合宿免許WAO!」のCMについての裏話が聞けた質問もありましたね。確か質問は、「10代最後なのですが、今のうちにやっておくといいことはありますか?」だった気がします。

 

 

そこから免許の話になったのですが、これも初耳エピソードがありまして、あのCMで印象深いフレーズ、「運転免許持ってなかった~!」は、かいちょーが考えたものなのだそうです。その他にも半分くらい、かいちょーが考えたフレーズが盛り込まれているようで、正直驚きました。

 

 

当人は「キャッチーなほうがいいでしょ?」と言っていましたが、良いも何も、あのCMで個人的に最も印象深いのがあのフレーズですし、今、最上もがさんがやっているCMでも「僕、免許持ってた!」として引き継がれているくらいですから、南條愛乃という人の持つセンス、才能を改めて感じさせられたエピソードとなりました。

 

 

すごすぎるよ、かいちょー!

 

 

というわけで、強く記憶に残っている質問はこれくらいでしょうか。図らずも、色々なことを知ることが出来た良い時間となりました。と同時に、まだまだかいちょーについて知らないことがたくさんあると分かったので、これからも追いかけていきたいと思います。

 

 

最後の写真撮影&お渡し会

 

 

2日目ファンミーティングのラスト、そして、このツアーにおけるイベントとしてのラストは、全体写真撮影とポストカードのお渡し会でした。

 

 

1日目にテーブルごとに撮り、2日目の昼間にバスごとに撮り、そして最後に全体で撮るということで、今回の沖縄ツアーでは、南條愛乃と一緒に写った写真が3枚も手に入ることとなりました。なんという幸せ!

 

 

しかもそれだけでなく、最後にはポストカードのお渡し会まであり、やはり神イベントであったことは間違いありません。

 

 

渡してもらう際は、ひとりひとりに与えられた時間が短かったのでお礼を述べるくらいしかできませんでしたが、なんじょーさんの顔を見て言葉を交わせる機会というのはとても良いものですね。

 

 

しかも私の番では、素のなんじょーさんが見られたので結構満足しています。どういうことか書いてみましょうか。

 

 

【私の番】

 

ふぁいん「お疲れ様でした」(ポストカード受け取りながら)

 

かいちょー「こちらこそ~」(多分みんなに「ありがとう」って言われてるから「ありがとう」だと思い、「こちらこそ」と言ってしまう)

 

ふぁいん「ありがとうございました」

 

かいちょー「えっ、あっ、こちらこそじゃねぇや」(間違いに気付く。素のトーン)

 

かいちょー「ありがとうございまーす!」(ちょっと慌てた素のトーンで手を振ってくれる)

 

 

という感じ。

 

 

いや、なんかね、これは最初にお疲れ様でしたって言った私が悪いのかなって気もしますけど、結果的には外行きのなんじょーさんトーンじゃなく、素のトーンで話してもらえたので良かったかなという気がしています。

 

 

なによりちょっと慌てたなんじょーさんがかわいかったのだ!!

 

 

素敵体験を得ることができました。

 

 

……それだけです笑

 

 

3日目:旅と言えばやっぱりこれ!

 

 

3日目は、国際通りで我々がお土産を買うだけの日だったので特筆すべきことはあまりないのですが、最後の「広報なんじょる」について書きましょう。

 

 

トークの内容も面白かったのですが、もはや印象に残っているのは「スキップトラベル」です笑

 

 

2日目のミニライブで「スキップトラベル」をやるときも、かいちょー自ら「呪いのように聴いてると思うけど」と言っていましたが、3日目もやっぱりこれが流れました。

 

 

しかも私の乗っていたバスでは、添乗員さんのミスで、「広報なんじょる」の1本目が途中になってしまうというミスが発生。

 

 

1本目が途中になる(「スキップトラベル」を聴く)

先に2本目をフルで聴く(そこでも「スキップトラベル」が流れたので聴く)

1本目を頭からフルで聴く(当然「スキップトラベル」を聴く)

 

 

ということで、この日、バス内で3回「スキップトラベル」を聴くことに笑

 

 

おかげでもう我々は完全に沖縄と「スキップトラベル」が紐付けされてしまったので、今後も「スキップトラベル」を聴くたびに沖縄ファンミーティングを思い出すことになりそうです。3日間で計7回聴いてますからね、「スキップトラベル」

 

 

……いや、この数行で「スキップトラベル」って何回書くねん笑

 

 

でもそれくらい繰り返し聴いたので、もはやこれは添乗員さんも覚えたレベルだと思います。これをきっかけに、南條愛乃に興味を持ってくれると面白いのですが笑

 

 

ちなみに2本目の回では、FF14のサウンドトラックより、「でぶチョコボ騎乗」が流れたりもしていましたよ。ゲームの話が多すぎて半分FF14のイベントみたいになっているのが、実にかいちょーらしかったかなと思います。

 

 

まとめ

 

 

というわけで、結局結構長くなってしまいましたが、以上がイベントの概要でした。実はまだ書きたいエピソードがあったりするのですが、まとまりきらないのでこれくらいにしておいて、最後に、総括というかなんというか、全体を通しての私の感想を書いて終わりたいと思います。

 

 

まずひとつ。4月の沖縄、最高でした。

 

 

正直行く前は、「南條愛乃が目的であって沖縄が目的ではない」とすら思っていて、まあその通りな部分もなくはなかったのですが、行ってみたら、沖縄そのものが非常に良かったかなと感じています。

 

 

4月で暑すぎなかったのが特に良かったのでしょう。天気はいまいちな部分もありましたが、綺麗な海、南国の空気を感じることができて、シンプルに旅行としてリフレッシュできたように思います。

 

 

あともうひとつ。特筆すべきは、今回私、自分でもびっくりするくらい、全く緊張しませんでした。

 

 

前回の北海道を受けてある程度イベント内容が予想できていたこと、ライブが最前だったり公開録音で近い席だったりして「近い距離の南條愛乃」に慣れつつあったこと等が要因として考えられますが、ガチガチに緊張するということがなくなり、その分しっかり顔を見て、ある程度落ち着いて話すことができたのは印象的でした。

 

 

もちろん、近づいてくるとそわそわはするんですけど、それでも最初の頃と比べたらすごく「南條慣れ」してますね。

 

 

なんというかこう、恋愛初期のドキドキして緊張する時期を通り過ぎてしまったような感覚に似ていて、その意味では少し寂しいのですけど笑

 

 

でも、緊張しない分、しっかり記憶に焼き付けることができるようになったのは良かったかなと思います。ある意味では、「すごく特別な人」から「身近なかいちょー」にまで近づいてきているのかなとも感じるので、それはそれで良いことかな、なんじょーさんが目指すかたちになってきているんじゃないかなという気がしますね。

 

 

ただ、ドキドキしなくなったとはいえ、南條愛乃が好きという部分は全く変わっていませんので、今後も我らがかいちょーを応援していこうと思います。

 

 

次にかいちょーと会うのは、「わたしから会いにいきます!」ツアーの高知公演。その頃には平成から令和へと変わっていますが、新元号になってもごきんじょとして、南條愛乃を盛り上げていきたいです。

 

 

それでは、長々とありがとうございました。

 

 

最後に締めの1枚を。

 

 

 

 

沖縄を発つ前に、那覇空港で食べたソーキそばです。やはり麺ジョルノのイメージがあるので、ごきんじょさんは、麺で締めくくりがち笑

 

 

ふぁいん

 

 

 

 

 

【南條愛乃クイズ~in沖縄~ 答え】

 

Q1.絵付け体験でかいちょーが着ていた服の色は?(※1番面積が広い色)

 1.黒 2.グレー 3.白

 

⇒この日のかいちょーの服装はこちら!(@gokinjolnostaffより)

 

 

Q2.「広報なんじょる」で「7月25日」をかけた理由は?

  1.沖縄の空が綺麗だから

 2.シーサーの話をしたから

  3.沖縄の気候が7月25日だから

 

⇒前編の記事内で書いたとおり「シーサー→狛犬→犬」という発想でしたね。

 ちなみに「7月25日」はかいちょーが飼っていた犬が亡くなった次の日です。

 

Q3.今回の旅でなんじょーさんが楽しみにしているのは?

 1.ジーマミー豆腐豆腐

  2.海

  3.バーベキュー

 

⇒クイズを表示していたパワーポイントのミスで「ジーマミー豆腐豆腐」になっていたのは笑いました。

 

Q4.SPEEDの曲の中でなんじょーさんが好きなのは?

  1.Wake Me Up!

  2.Body & Soul

 3.Go! Go! Heaven

 

⇒本当は「おやすみ…」が1番らしいですが、マイナーな曲もどうかと思いA面の曲を選んだそうです。

 A面という言い回しの古さに自分で笑ってましたね、かいちょー。

 

Q5.なんじょーさんが今食べたいのは?

  1.ソーキそば

 2.海ぶどう

  3.ステーキ

 

⇒完全にこのときの気分で決めたので、難問というかほとんど運でした。

 ちなみに海ぶどうを選んだ理由は、間食とかで色々食べ過ぎて胃がもたれていたからだそうです笑

 

Q6.なんじょーさんが前回海を見たのはいつでしょう?

  1.12月25日

 2.1月1日

  3.2月14日

 

⇒カウントダウンコンサートの会場が神奈川で海が見えたのでそのときかなと思いきや、帰省した実家の静岡で見たそうです。

 

Q7.スタバの期間限定ドリンクでなんじょーさんが一番好きなのは?

 1.桜ラテ

  2.ストロベリーフラペチーノ

  3.チョコラティ バナナ フラペチーノ

 

「南ちゃんは冷たいものをあまり飲まないから」という星野さんの推理、さすがでしたね。

 かいちょー曰く、今年の桜ラテは本当に美味しかったとか。

 おすすめは、「豆乳、シロップ少なめ、ホイップ多め」だそうです。

 

Q8.なんじょーさんがおうちに常備しているのはどれでしょう?

  1.一平ちゃん

  2.りんご

 3.お餅

 

⇒我々のテーブルが唯一間違えた問題。お餅が好きなのはもちろん知っていたのですが、一平ちゃんのイメージもあったので間違えてしまいました。南條愛乃について色々知っているが故のミス、ということにしておきます笑

 

Q9.なんじょーさんは、ニューシングル「サヨナラの惑星」をどんなポーズで聴いていたでしょう?

  1.腹筋しながら

  2.ヨガをしながら

 3.体育座り

 

⇒これはもうファンならラッキー問題。各所の取材等でも答えています。

 歌詞が悲しすぎて部屋の隅で体育座りで聴いていたそうです。南條愛乃史上最も絶望な曲、と評していましたね。

 

Q10.なんじょーさんが最近食べたカニの種類はなんでしょう?

  1.タラバガニ

 2.毛ガニ

  3.カニカマ

 

⇒たまたま譲ってもらったので食べたそうです。美味しかったそうで、何よりでした。

 

Q11.今年の「わたしから会いにいきます!」ツアーの最終公演地は?

 1.岡山

  2.鳥取

  3.島根

 

⇒これもファンならラッキー問題。ちなみに岡山公演は、ふぁいんさんは残念ながら抽選ではずれました。悲しい。

 

Q12.なんじょーさんがFF14の仕事をするときの感情は?

  1.興奮

 2.緊張

  3.恐怖

 

⇒終盤はラッキー問題が続いていましたね。これも有名な話。FF14のお仕事はめちゃくちゃ緊張するそうです。好きすぎるからでしょうね。

 

 

以上、何問正解できたでしょうか。

 

 

これであなたも南條愛乃通ですね笑

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました