君に力のあるコンテンツは生み出せるか?

 

 

みなさま、あけましておめでとうございます。

 

 

2020年も何卒よろしくお願いいたします。

 

 

てなわけで、明けてからだいぶ経ってしまいましたがこんばんは、ふぁいんです。

 

 

今年は年末年始に実家に帰って年越ししたということで、書くのが遅くなってしまいました。わりとこう、すぐ書かないと書くのを忘れるといいますか、ある意味では、ブログを書く習慣がすっかり抜けてしまっているんだなあと思います。

 

 

これでも毎月JUGEMに課金しているんですけどね笑

 

 

思い入れもありますし、というよりほぼ思い入れだけで存続させているブログみたいなところはあるので、今後どうしようかなと思わなくもないのですが、一応今のところは、今年もゆるりと続けていくつもりです。

 

 

よろしくお願いいたします!

 

 

はてさてそれでは例年どおり、昨年の振り返りからやっていきましょうか。

 

 

結論:2019年は楽しい年だったがなぜかは分からない

 

 

はい、結論をまず先に書いてしまうパターンのやつ笑

 

 

これはほんとに率直な感想で、とにかく2019年は楽しい良い1年だったなという思いがあります。ただ、それはなぜか、と問われると明確には言えなかったりして、というのも多分、色々楽しいことがいっぱいあったんでしょうね。

 

 

去年もライブには行きましたし、なんなら南條愛乃以外のライブにも行ってますし、沖縄行きましたし、実は佐賀にも旅行してますし(ブログに書いたか覚えていない)、ミラーレスカメラ買いましたし(ブログに書いたか略)、あとなんか……色々ありました!

 

 

そもそも年越しライブがあった時点で去年はいい年になることが確定していたわけですが、やっぱりそうだった、ということになりますね。

 

 

仕事も2年目でしたが、相変わらず分からないことだらけでそれが面白かった。やはり知るのは楽しい。成長するのは嬉しい。人間関係も良好。本当に転職して良かったなと思います。3年目の業務が明日から始まりますが、頑張っていきたい所存です。

 

 

さて、それではそろそろ恒例の、昨年の目標確認をしてみましょう。

 

 

昨年の目標は3つ。ただし大テーマがあって、ざっくり以下のように設定していました。

 

 

大テーマ『能動』

⇒自分から色々動く!

 

1.さらなるスキルアップ

⇒資格を取る!

 

2.南條愛乃を広げていく

⇒南條愛乃が好きー!って言う!

 

3.発信する!

⇒手段は問わない!

 

 

詳しくは昨年の記事(「思い出せ。私の人生のテーマは「おもしろく生きる」だ」)を参照ください。

 

 

まずひとつめ。「さらなるスキルアップ」について。

 

 

これは概ね達成できたと言って良いと思っています。昨年の記事中には取りたい資格が3つあると言っていますが、そのうち2つは取りましたし、3つめも今勉強中です。

 

 

仕事上では、徐々にプレイヤーとしてだけでなくマネージャーとしても若干仕事を任されつつあるので、順調と言っていいかなと。もちろん、まだまだようやく丸2年。分からないことも極めて多いので、今後も邁進していかねばならないのは当然ですが、目標としては達成できたのではないでしょうか。

 

 

次にふたつめ。「南條愛乃を広げていく」について。

 

 

これは若干微妙で、何を持って広がったと言って良いか分かりません。目標としてあまり良くなかったかなと今は思います。

 

 

ただ、職場には間違いなく浸透しました笑

 

 

私が南條愛乃ファンであることは同じ部署のほぼ全員が知っていると思うので、そこは断言できるんですけど、それ以外に広がったかと言えばやはり分かりませんね。

 

 

南條愛乃が好き、fripSideが好き、という知り合いが増えたことは間違いないので、輪としては大きくなっている気もしますし、今後も地道に好きと叫んでいきたいと思います笑

 

 

そして最後。3つめ。「発信する!」について。

 

 

これは2つめの目標とは違って、主にSNS的な意味で、という目標でしたが、実感としては、まあ、Instagramはちょこちょこ更新したかもしれない、程度ですかね笑

 

 

2019年に感じたのは、昨年の記事中にも書いていたように、もはやブログの時代ではないんだな、ということ。

 

 

 

正確に言えば、私のようなただの一般人が発信する媒体としては、ブログはもうほとんど必要とされていないような気がしています。

 

 

だって私自身、目にするのは有名人のブログか、記事を書くことを仕事としている人の記事だけ。ニュースアプリは使っているのでスマホで文字を毎日読んでいることは間違いないのですが、それこそ友人のブログを読む、みたいなことはただの一度もありませんでした。

 

 

見るのはTwitterか、Instagramくらい。ただそれですら私の場合、概ね南條愛乃の更新を追うことがメインになってしまっているので、そんなに見ていないのが現実。

 

 

それが世間一般の流れ、とは言いませんが、まあ、もうコンテンツが多すぎるんですよね。

 

 

1分でも隙間時間があれば人はスマホを見るようになりました。だからこそスマホ向けコンテンツが増え、個人のブログなど読んでいる暇はなくなってしまいました。より面白いものがたくさんあるから。

 

 

つまり、時代はコンテンツなのです。要するに中身。論点がずれてしまいますが、この目標に対しての結論としてはあえて、「コンテンツが大事だと気付いた」ということにさせてください。

 

 

そして、そんなことも踏まえて、今年の目標は次のとおりです!

 

 

目標1:力のあるコンテンツを考える

 

 

やはり私には、自身で何かを創って発信したいという気持ちが変わらずあります。そして、ただ発信したいだけでなく、できることなら多くの人に見て欲しいのが本音。

 

 

まあ、わりとこのブログに関しては、自分の日記的なポジションであることにそんなに不満を感じていないのですが、ブログ以外の部分で「なにかやりたいな」とは今も思っているのです。いや、もちろんブログでもいいんですけど。

 

 

ただ、多くの人の目に留まるには、振り返り3で書いたように、コンテンツが大事。いかにスマホを見る時間が長くなったからといって、1日が24時間であることは変わってないのですから、有限である時間をこちらに割いてもらうには、他のコンテンツより魅力的でなければならないのです。

 

 

というわけで今年は、自分が生み出し得るコンテンツの中で、力を持ちそうなものは何か、力を持たせてあげられそうなものは何かを考えて、試行錯誤する年にできたらと思います。とはいえ、今はわりと仕事が楽しいこともありますし、趣味の幅を超える気はないので、ゆるりとした力で色々やっていく所存。

 

 

目標の達成基準は、挑戦したかどうか。試行錯誤したかどうか。その実績でまた来年の頭に判断しようと思います。

 

 

目標2:管理を考える

 

 

これはもう完全に仕事の話。先も書きましたが、この1月で転職して丸2年。たった2年とはいえ、向いていたのか仕事上では評価をいただき、色々と私がまとめなければならない場面も増えてきました。

 

 

年齢的にも27歳。社会人としては5年目を終わろうかという頃合いですので、そろそろマネージャー的視点も頭の片隅には置いておかないとなと思っています。

 

 

スキルアップと資格取得は継続するにしても、個人だけでなく、集団としての動き方、底上げまで考えられるよう、今年は邁進していきます。

 

 

達成したかは、自分の感覚と、上司からの評価をもとに判断するつもりです。

 

 

目標3:貯金する

 

 

抽象的な目標を並べた最後は急に現実的笑

 

 

ということで、2020年は結構本気で貯金を増やせるよう動こうかなと思います。

 

 

とはいっても南條愛乃を我慢はできないのですが、やたらCDをたくさん買ってしまうとか、そういうところは削っていければと。

 

 

もちろん、昨年の記事タイトルじゃないですけど、私の人生におけるテーマは「おもしろく生きる」なので、楽しいことを必要以上に我慢するつもりはありません。ライブには行きますし、ツアーがあるなら国内なら行きます。……万一海外だったら考えさせてください笑

 

 

でも、削れるところは削る。勢いに負けない。そこは強い意志でやっていきたいところです。

 

 

なぜなら2019年は、さすがに出費しすぎたんですよ笑

 

 

沖縄に行った、佐賀に行った、高知に行った、グッズ買った、アルバムは4枚買った、カレンダーは5冊買った、などなど……。

 

 

お給料は増えているのに貯金は減ってるってどういうことだろう、と、少し冷静になり反省しまして笑

 

 

せめて10万円とかそのレベルでいいから貯金を増やしたい。いや、増やす!

 

 

その意気込みで、2020年は頑張ってきます。

 

 

大テーマは変わらず「能動」

 

 

というわけで今年も無事に目標を立て終えたので、それを念頭に1年間頑張っていきます。

 

 

今年も今年で、変わらず公私で結構動いていくことになりそうなので、大テーマは変わらず「能動」。

 

 

自分で動き、試行錯誤し、やりたいことをやって、楽しむ。

 

 

そういう1年にしていきたいですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました