ローマ帝国兵の嘆き

 

 ああ、嘆かわしいことだ。

 

 この日本という国に、学生の体で転生して数年。毎年、今日、この日になると、憤りを抑えるのに苦労することになる。

 二月十四日。この日は、偉大なる聖バレンティノ司祭が殉教なされた日だ。だというのに、この国の民はそんなことすら忘れて浮かれている。

 いや、知識としては知っている者もいるのかもしれないが、そのうち、どれだけのものが、かの司祭の死に想いを馳せているというのか。

 少なくとも私は、そんな者を未だ見たことがない。

 

 ああ、嘆かわしいことだ。

 

 かの偉大な司祭は、王の命令をものともせず、民のことを想い、愛を誓う場を提供してくれた。だから、せめて、真実の愛を結ぶ習慣として、司祭の名を冠するのであれば許容してもよい。

 だが、どうだろう。見渡せば、「義理チョコ」などといって、形式的にチョコレートを配り合うばかり。そこに感謝があるのかといえば怪しいものだ。

 そうでなければ「友チョコ」だ。女同士でチョコを送りあってはしゃぐだけ。楽しむこと自体は否定しないが、そこに、かの司祭の名を使わないでほしい。

 

 かの司祭は本当に偉大だった。当時、我々ローマの兵は、「婚姻を結ぶと戦いに臨みたがらなくなる」との理由で、王から、愛する者との結婚を禁止された。そんな我々を哀れみ、救ってくださったのが聖バレンティノ司祭だ。

 王の命令は絶対。そこに背くということは、命の危機ということだ。それでもなお、我々を想い、司祭は結婚式を続けてくれた。事実、私と妻との婚姻も、かの司祭がいたからこそ成ったのだ。そんな功績を忘れてはしゃぐことなど、許せるだろうか。

 

 ああ、嘆かわしいことだ。

 

 どれだけ彼に感謝し、悼んでも、何もできない私自身が嘆かわしい。

 この世界の書物によれば、転生者は特殊な能力を得ることができるという。ならば、私に、このバレンタインデーなどという風習を正す力を与えてほしいものだ。

 その力さえあれば、かの偉大な司祭の想いを継ぎ、この風習を、正しき姿に変えてみせる。

 そうだな……「バレンタインデー」という習慣に基づいて、チョコレートを二月十四日に渡すと、必ず結ばれるようにしてしまうのはどうだろう。義理チョコ、友チョコと、無駄にチョコレートを配り合う女どもは困り果てるに違いない。

 だが、かの司祭の名を用いてチョコレートを贈るのだ。必ず結ばれるくらいの奇蹟は起こってよいはずだ。最初は混乱するだろうが、いずれ、あるべき姿になっていくだろう。真実の愛だけが結ばれていく世界に。

 

 おお、これはなんということか。

 

 そんなことを考えていたら、どうやら私は、この世界をひとつだけ改変する能力を得たらしい。もしかするとこれも、天から聖バレンティノ司祭が私にもたらした奇蹟かもしれぬ。

 この能力があれば、私はなんでもできるが、私利私欲のために使うつもりは毛頭ない。かの司祭への感謝を現実にするときがきたのだ。

 ……ふう。これで世界は変わったはずだ。ああ、感謝します神よ。これで私は、ただ与えてくれるばかりだった司祭に、少し恩が返せた気がする。

 さて、そうなれば、少し私も外に出て、様子を見てくるとしよう。当初は混乱に陥るだろうが、それを見届けるのもまた、世界を変えた者の使命だろう。

 

 私はアパートメントの玄関を開けた。すると、外側のドアノブに、袋がぶら下げてあることに気がついた。

 今日はずっと家にいたのだが、誰かが来たのだろうか。ああ、そういえば、能力を使っている間は集中していたので、物音に気づかなかったとしても不思議ではない。

 袋をそのままにはしておけないので、一旦、室内に戻ることにする。

 知り合いがこれをぶら下げたのであれば、何か連絡が来ているかもしれないな……。

 そう思ってスマートフォンを確認すると、連絡が一件入っていた。

 

『いなかったみたいだから玄関にぶら下げておいたが、バレンタインってことで、趣味で作ったチョコレートケーキ、食べてみてくれ。最近は男同士でも、強敵と書いて「とも」と読む、強敵(とも)チョコなんてのがあるらしいからな。まあ、お世話になっている礼ってことで!』

 

 なるほど、隣に住むあいつからだったか。あいつは、転生して何も分からない私に、色々と世話を焼いてくれた気のいい奴だ。礼というなら私のほうこそ言わねばならないが、しかしあいつ、お菓子作りが趣味だったのか。かわいいところがある。そう、とてもかわいい奴だ……。

 

——————–

 

本作は、音声投稿サイト「HEAR」での朗読、ラジオドラマにご活用いただけるシナリオとして、「HEARシナリオ部」の活動内で作成いたしました。

 

HEARでの使用に限り、断りなく使用することができます。

 

その際、説明欄等に、以下クレジットをご記入いただけますと幸いです。

また、HEAR投稿時のタグに「ローマ帝国兵の嘆き」もしくは「HEARシナリオ部」と入れていただきますと、作成いただいたコンテンツを見に行くことができるので嬉しく思います。

 

○クレジット

シナリオ作者:柚坂明都(ふぁいん) https://hear.jp/finevoices

シナリオ引用元:それはまるで大空のような https://fineblogs213.com/lamentation-of-roman-soldiers/

 

コメント

  1. […] 『ローマ帝国兵の嘆き』(作:柚坂明都) […]

タイトルとURLをコピーしました