μ'sの10周年とAqoursの5周年

0

     

     

    ありがとうラブライブ♪♪♪♪♪♪♪♪♪

     

     

    どうもこんばんは、ふぁいんです。

     

     

    タイトルのとおり、本日2020年6月30日は特別な日。

     

     

    『ラブライブ!』という作品から生まれたユニット、μ'sAqoursの記念日です。

     

     

    μ'sの活動開始が2010年6月30日、Aqoursの活動開始が2015年6月30日らしいので、それぞれ10周年と5周年というかたちになります。

     

     

    ラブライブ!的には、やはり「9」という数字に特別な意味があるのか、9周年のほうを盛大にお祝いしていましたが、一般的には10年のほうが区切りとしてしっくりくるのは確か。

     

     

    今日はそんな節目に、改めて私とラブライブ!について語りつつ、語ってなかった「ラブライブ!フェス」についても少しお話しさせていただこうかなと思います。

     

     

    ふぁいんさんとラブライブ!

     

     

    私が対外的に「ラブライブ!」に関する発言を初めて行ったのは、2016年8月22日、Twitterでのことでした。

     

     

     

     

    当時のことをなんとなく記憶していますが、本当になんか、色々持て余して勢いで観たんですよね、ラブライブ。詳しくは書きませんが当時色々あったので、あまり観なくなっていたアニメを逆に観ようという気になったというか。

     

     

    数あるアニメの中でラブライブを選んだ理由は定かではないですが、2016年と言えば、μ's解散、そしてラブライブ!サンシャイン!!放送開始と、何かと話題になっていたタイミングだったので、そういえば人気がすごいと聞くし、観てみようかなと思ったのがきっかけだったように思います。

     

     

    そして1話を観て、上記のとおり、最初はぽかーん。

     

     

    何しろ、いきなり廃校だし歌い出すし、これは一体どういうアニメなのだろう、と思ったのです笑

     

     

    ただ、1話だけじゃ何も分からん、ということで辛抱して視聴を続け、やってきた衝撃の第3話。

     

     

    あの絶望感に心が震え、これはおもしろいぞ、となりました。

     

     

    そこからはもう、立て続けに1期、2期を観て、劇場版を観て、スクフェスを始め、妹にも布教し、すっかりラブライバーと成り果てたわけですね笑

     

     

    そしてこのタイミングで、私は南條愛乃と出会います。このブログで初めてラブライブ!という文言が出てきたのも「南條愛乃が気になる」という話を書いた記事の中でして、2016年10月6日の「fripSide『infinite synthesis3』と」という記事でした。

     

     

    すなわちラブライブがなければ、私は今の生きがいたる南條愛乃に出会えなかったというわけで、本当にあの時、気まぐれにラブライブを観て良かったと思うわけです。

     

     

    そして、過去の記事を見ると、このあたりから私の散財が急激に加速していきますね笑

    何しろいきなりラブライブと南條愛乃、追うものが2つもできたのですから、それは散財もはかどるというもの。CD、ライブBlu-ray、グッズ、UFOキャッチャーなどなど、のめり込んだのが丸わかりなお金の使い方をしています笑

     

     

    最初はサンシャインを放置してμ'sばかり追いかけていた私ですが徐々に範囲をAqoursにまで広げ、CDが出るたびに記事にしたりと、ブログが活性化した時期でもありましたね。ただ、その火も少しずつ、下火になっていきます。

     

     

    個人的に「Aqoursも好きだけどやっぱりμ's」だった私にとって、Aqoursに対してμ'sほどの熱量が持てず、また、転職して一人暮らしになったことで財力にも限界が出てきたため、徐々にラブライブから、南條愛乃ソロのほうへと意識が集中するようになっていきました。

     

     

    ラブライブ!サンシャイン!!の劇場版を観に行った時には、「「ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow」を見てラブライバーとしての終わりを悟った話」なんて記事を書くほど、熱量は下がっていましたね。

     

     

    ただ、そんな私を再びラブライバーへと戻したのは、

     

     

    やはりμ'sの存在でした。

     

     

    ラブライブ!フェスの熱狂

     

     

    今年1月18日、19日。

     

     

    私はさいたまスーパーアリーナにいました。

     

     

    全ラブライバーが熱狂したであろう「ラブライブ!フェス」に参戦するためです。

     

     

    チケットが取れたのは19日のほうだけだったので、18日はグッズを買うためだけに向かいましたが、忘れもしない、あの日はリアル"Snow halation"とでも言いましょうか、雪が降ったのを覚えています。

     

     

    長い長い物販列に、朝8時くらいからですかね、並びまして、買えたのは昼過ぎだったような気がします。幸いにも物販には並び慣れていたので、予想以上にしんどい、みたいなことはなかったですが、さすがに寒かったのは間違いないですね笑

     

     

    ただ、おかげで19日は物販を気にせず、ゆったり色々見て回れたので良かったかなと思います。μ's、Aqours、そして虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会がそろうライブということで、パネルやグッズ、食べ物なども3グループそろっていて、気持ちが高まっていきました。

     

     

     

     

    今でこそスクスタに慣れたので、3グループそろい踏みも当たり前になりつつありますけど、やっぱり第1世代、第2世代、第3世代とも言うべきグループが揃うのは熱いものがありましたね。

     

     

    そして、いよいよライブ開始。

     

     

    18日の模様をあえて一切調べないようにしていたので、どんなグループになるのか、緊張と興奮を携えて臨みました。

     

     

    さすがにもう細かいセトリなどは覚えていないのでざっくりですが、虹ヶ咲については、あの大舞台でソロで歌うというのが、すごいなあと思った記憶があります。

     

     

    ライブ経験もそんなにあるわけではない虹ヶ咲メンバにとって、さいたまスーパーアリーナで大勢に囲まれ、しかもμ'sやAqoursといった先輩グループと共演するという状況は、計り知れない緊張があったのではないかなと思います。

     

     

    そんな中でしっかりとやりきる。プロだなあと思いました。

     

     

    Aqoursについては、頼もしさというか貫禄というか、とにかく想像以上の成長を感じたのを強く覚えています。

     

     

    ライブ経験も積み、東京ドームも経た上で、アニメや劇場版が終わった今も現役でライブをやっている彼女たちですから、実力がつくのは当然と言えば当然ですが、前述したとおり、Aqoursを途中からさほど追いかけなくなってしまっていた私にとっては、それが意外だったというか、とにかく感動しました。

     

     

    経験の浅い虹ヶ咲、ライブをしなくなって久しいμ's。2つのグループの間で、私たちが引っ張るぞと言っているかのような、そんな強さを感じましたね。ああ、Aqoursもいいじゃん、やっぱラブライブ!っていいじゃん、と思わせてくれるライブでした。

     

     

    ただ、それでも。

     

     

    それでもやっぱり、μ'sのライブは特別でした。

     

     

    きっと、多くのラブライバーにとって特別なものだったことでしょう。

     

     

    μ'sが登場したときのあの熱狂を私は今も覚えています。自分がものすごい声を出したことも覚えています。涙が流れたことを覚えています。

     

     

    私は、前述のとおりラブライブ!を知ったのが2016年8月だったので、μ'sのライブにはもう二度と行けないのだな、と思っていたのです。もっと早く追っていれば、と思ったのは1度や2度ではありませんでした。

     

     

    そんな、μ'sのライブを今観ている。それがこみあげてきたものの理由でした。

     

     

    コール&レスポンスの際には、全力で叫びました。まさか絢瀬絵里としてのハラショーを生で聞けるなんて、と震えながら、感動、という言葉で表しきれない興奮と熱が噴出しましたね。

     

     

    μ'sが好きで、南條愛乃が好きだったからこその熱だったのだろう、と今は思います。

     

     

    そして全員が待っていたであろう「Snow halation」には鳥肌が立ちました。映像で何度も観た純白と、そこからのオレンジ。そこにまさか自分が参加できるなんて、と、やっぱり震えました。

     

     

    一言で言えばμ'sのライブは憧れであり、私の「夢」だったのです。

     

     

    二度と叶わないと思っていた夢。

     

     

    ラブライブ!は本当に、夢を叶えてくれるんだなと感じました。

     

     

    ラブライブ!はこれからも

     

     

    ということで、記録と記憶を頼りに書いてみました。こんなにラブライブ!のことを考えたのは、わりと久しぶりかもしれませんね。良い節目の日になったのではないかなあと思います。

     

     

    振り返ればラブライブ!フェスは、私にとって今年最初のライブであり、もしかすると今年最後の現地参戦するライブになるかもしれません。まさかあのときは、その後のライブが軒並、延期・中止になるなんて思いもしませんでしたね……。

     

     

    下手をすると年を越してもこの状況が続くかもしれませんので、その意味でもあの日は特別なものになりました。

     

     

    特別対応として配信ライブ、という形態もちらほら出てきましたが、やはり現地というのは特別なものがあります。貴重な時間を過ごせた奇跡に感謝ですね。

     

     

    ラブライブ!としては、現状、虹ヶ咲の2ndライブが予定されているほか、スクスタ、スクフェス、そして新プロジェクトも動いているなど、この歴史的災禍の中でも、活発な活動を続けています。私がどこまで追い続けるかは分からないものがありますが、ラブライブ!というコンテンツ自体は今後もまだまだ続くのでしょう。

     

     

    例え熱が下がってしまったとしても、ラブライブ!が好きという気持ちやライブで感じた熱量はずっと私の深いところに残り続けると思いますので、今後も応援の気持ちをなくすことはないと思います。

     

     

    この先にどんな景色を用意しているのか楽しみにしながら、ラブライブ!を見守っていきたいですね。

     

     

    ひとまずは9月9日に発売されるラブライブ!フェスのBlu-rayを楽しみにしましょう。

     

     

    ふぁいん

     


    そろそろ私、南條不足。〜お金があっても幸せじゃない理由〜

    0

       

       

      っていうタイトルの本が書けそうなくらいのきもち。

       

       

      どうもこんばんは、ふぁいんです。

       

       

      歴史の渦中と言って差し支えない現状、皆様いかがお過ごしでしょうか。

       

       

      緊急事態宣言は解除されましたが、案の定というかなんというか、第二波的な感染リスクが怖いので結局外出を自粛しているよ、なんて方も多いのではないかと思います。感染者が少なくなってきたからといって、治療薬も何もないまま自粛要請を解除すればこうなるのは予想の範疇でしたが、まあ、経済的に限界の部分もあったので難しい判断だったのかもしれません。

       

       

      それに、未だ感染の恐怖はゼロでないにしても、「食料の買い物に行くだけでなんか罪悪感がある」という状況からは逃れられたので、幾分かストレスは減った、ということもあるでしょう。もちろんまだおおっぴらに旅行は行けないですが、外出自粛が苦痛で仕方なかった方々からすれば、その点は状況改善していると言っていいのかもしれません。

       

       

      ただ私は、そんな一方で、「どちらかと言えば、今年どころか去年も一昨年も外出自粛気味だったよ」という方々もいるのではないかなと思っています。

      「外出自粛? うん、まあ、自粛してるけど前と何も変わってないよね」という人々の層ですね笑

       

       

      かくいう私自身がそうで(勤務形態は在宅への変化がありましたが)、そしてそれを人は「インドア派」や「出不精」と呼ぶわけですが、そんな人々はおそらく、外出自粛に対してなんのストレスもなかったんじゃないかと思っています笑

       

       

      だって我々、家が好きなんだもの。

       

       

      言われなくても家にいるので、社会がそれを推奨してきたことで、むしろ誰からも誘われなくなって過ごしやすくなったまである、というのは私の見解ですが、アウトドアでアクティブな方々には申し訳ないことに、現状の社会には適合しやすかった人種かなと感じています。

       

       

      ――が、そんな我々、いや、私にも、憎き新型コロナウイルスは、別のベクトルからストレスを与え続けていました。

       

       

      タイトルから丸わかりですが、今日はそんなお話。

       

       

      いつになったらライブやるんですか……

       

       

      いや、この一言に尽きます。

       

       

      ライブ、イベントの中止。1ヶ月程前に「新型コロナウイルスの個人的まとめ〜今、私が思うこと〜」という記事にもしれっと紛れ込ませていたように、行く予定だったライブが新型コロナウイルスの影響でことごとく中止になりました。

       

       

      ここで白状してしまうと、2020年が始まった段階では、私、10月まで何らかのイベントが毎月ある想定だったんです。コロナ騒動があるまでは、「今年は出費がとんでもないことになるなー」なんて、にやにや顔で嬉しい悲鳴をあげていたわけなのですが、それがことごとく白紙になり、本当の悲鳴をあげるはめになってしまいました。

       

       

      ちょうど本日、9月13日に開催予定だった「シンフォギアライブ2020」も延期が発表されましたし、私の見立てではもう、2020年内は何も出来ないんじゃないか、というような絶望的な状況です。

       

       

      2020年終了のお知らせ……!

       

       

      本当に自分勝手な意見ですが、正直私は東京五輪なんてどうでもよかった人です。そもそもスポーツに関心が薄く、テレビも見ない人なので、オリンピックなんて、開催しても赤字だけ残る、みたいな地獄イベントだと認識していたひねくれ野郎でしたし、だからこそ、それが延期になったところで「ふーん、そうなのね」で済ませられる人でした(楽しみにしていた方すみません……)

       

       

      ただ、今回のシンフォギアライブも含め、個々のイベント中止は本当に痛すぎる……。なんならそれが生きがいですので、ひとつひとつ生きる希望を奪われて、何のために生きているのか分からない2020年を送ることとなってしまいました。

       

       

      推しのために捧げたはずのお金がなぜか手元に戻ってくる悲しみ。確かに貯金残高は、ぎりぎりの停滞もしくはゆるやかな下降だったところから上昇傾向に転じましたが、そんなの全然嬉しくないのです。

       

       

      どれだけ出費がかさもうとも、どれだけ食費を削ろうとも、推しのためにお金をつかい、推しに会いに行ける生活のなんと幸せだったことか……。その幸せを、誰に言われるでもなく自覚し、感謝していたというのに、まだ感謝の心が足りなかったというのですか神よ……!

       

       

      という気持ちです。

       

       

      それが今回の記事タイトルに出ました。

       

       

      そうです、私は南條不足です。南條愛乃が足りないのです。

       

       

      推しが生きているだけで幸せということもあるでしょう。元気にFF14をやっていてくれればそれでいいという考え方は分かるのです。私もそう思っているのです。……が、私はわがままなのです。

       

       

      ライブに行って声を出して推しを推したい。あの澄んだ歌声を、目を閉じて聴くあの時間が恋しい。ライブに行く前のわくわく感と、ライブが終わった後の寂しさと、そして、これからまた頑張ろうと思える前向きな気持ちを得たい。

       

       

      そう思ってしまうのです。

       

       

      これを解消する手段は、推しを推す機会を得ること。だから私は願っていました。

       

       

      たすけて、なんじょーさん! と。

       

       

      ありがとうなんじょーさん! アコースティックアルバムきたー!

       

       

      神は私を見捨ててはいなかった。

       

       

      発表されましたよ……! 南條愛乃初のアコースティックアルバムの発売が!!

       

       

      そりゃ倒置法にもなりますって! 待ちに待った新アルバムですもの!

       

       

      もちろん、4月29日に発売された新シングル「藪の中のジンテーゼ」も嬉しかったですし、なんなら在宅期間中大体流していましたが、我々はもう、年に1回はアルバムを供給いただかないと生きていけない身体になっています。やっと発表された! というのが本心からの叫びです。

       

       

      FCイベントは延期になり、バースデーライブも当然なんの情報もなく、来月は南條さんの誕生日だというのにこの暗い気持ちはなんだ、と思っていましたが、それを払拭する大発表。

       

       

      だって見てくださいこの収録予定曲のラインナップ。

       

       

       

      君が笑む夕暮れ

      黄昏のスタアライト

      一切は物語

      サヨナラの惑星

      リトル・メモリー

      believe in myself

      0-未来-

      今日もいい天気だよ

      OTO

      スキップトラベル

      サクラタイマー

      and I

       

      (※曲順未定。収録曲変更の可能性あり)

       

       

       

      良い曲しかねぇ……!

       

       

      特に「サヨナラの惑星」のAcoustic ver.は、去年のバースデーライブで聴いて心が震えて以来、神曲として耳に残っているものですから、今回収録されて大変嬉しく思います。

       

       

      それにその去年のバースデーライブ「南條愛乃 Birthday Acoustic Live 2019」の映像だって収録されているんですから、これはもうテンションが上がらざるを得ませんよね!

       

       

      しかも24pのフォトブック付。ああもう需要しかない。需要しかないアルバムですねこれは! また気付けば家にいっぱい届く予感……!

       

       

      発売予定の9月2日を待ちましょう。もちろんご予約はお忘れなく。

       

       

      お値段は、BD付で5500円ですから、8000円だった「LIVE A LIFE」をお持ちの皆様ならお安いですよね笑

       

       

      現状まだタイトル未定ですので、詳しくは公式ページを追ってチェックしてください。

       

       

      ではまた!

       



      profile

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>

      search this site.

      selected entries

      categories

      archives

      links

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM