回顧

 もしあなたが私に、お前の両親はどんな人たちだったのか、と尋ねるのならば、私は、到底まともとは呼べない人たちだったよと、答えるしかないでしょうね。幸か不幸か、私は自分の両親以外の人間と、それほど関わりのない人生を歩んできましたから、まともか、まともでないかの基準も曖昧なのですが、しかしながら、彼らはきっとまともではなかったのだろうと、今では思います。

 父は、この世の理不尽を全て感じているかのような人でした。口癖のように「あいつらのせいだ!」と叫び、腹いせに、母や私を殴ることだって日常茶飯事でした。父の言う「あいつら」が、一体誰のことなのか、私には長らく分かりませんでした。少なくとも私は、父以外の誰かから、自分を害されたことがなかったからです。実は今でも、そんな経験はありません。しかし父にとって、ぼろ小屋のような家にしか住めない環境も、常に絶えることのない空腹も、自身を蝕む病も、その全てが、「あいつら」のせいだったのだと思います。

 母は、ずっと泣いている人でした。父に殴られて泣き、境遇の苦しさに泣き、けれども、それを変えるために何かをしようとは、決して思わない人でした。父に言い返すこともなく、父を助けるために何かをするでもなく、そうして父と同じように病に倒れてからは、寝床でずっと泣いていました。

 そんな父と母でしたから、ふたりで会話している様子を見た記憶がほとんどありません。父が母に対して命令し、母が震えながらそれに応じる。我が家では、それが一般的な意思疎通の方法でした。

 しかしながらふたりとも、私に対してだけはまともに言葉をかけてくることがありました。皮肉なことに、そんなところだけ父と母は似通っていて、よく言われたのは、私に対しての期待でした。父は、「あいつらを倒すのはお前しかいない」と言い、母は、「お前は山の神様がくださった特別な子だから」と言いました。私は、見たことも害されたこともない「あいつら」を倒すつもりなどなかったですし、むしろ普通でありたいと思っていたのですが、……まあ、その結果が今ですから、結局普通ではなかったということなんでしょうね。それはきっと、特別というよりは、蛙の子は蛙、私もまた、まともではなかったということなのでしょう。

 それでも弁解をひとつだけさせていただけるなら、あんなふたりでも自分の両親。亡くなったとなれば、わずかな期待であっても、応えたくなってしまうということなんですよね。

 ――おっと、気づけば火が小さくなってしまいました。薪を足しますね。

 あなたは多分、火が苦手なのだと思いますが、私は焚き火が好きです。ゆらめく炎と、うっすら立ちのぼる煙、そして、ぱちぱちとはじける火の粉の音。この旅が始まってから、何度もこんな夜がやってきましたが、食後のこの時間が、私は好きになっています。山は暗いので、獣の類いが近づいてくる危険はありますが、こうして火を焚いているうちは少しばかり安心できますし、もし近づいてきたとして、あなたはそういうものに敏感ですから、すぐに対応することもできるでしょう。あなたのように、穏やかな獣であれば、仲間になってくれても良いんですけどね。

 できることなら、いつまでもあなたと一緒に、この穏やかな夜を過ごしていたいところですが、日中、お天道様の下を地道に歩き続けてきた我々の労力が、間もなく実を結んでしまいそうです。うまくいけば、早ければ明日にでも、私の人生にとって大きな一日がやってくることになるでしょう。今夜は最後の、ゆったりした時間になると思います。どうかゆっくりと休んで、明日の戦いに備えましょう。あいつらを皆殺しにし、金銀財宝を奪ってやるのです。それこそが、父の悲願なのですから。

 ――そうそう。言い忘れた、面白くもない話なんですけどね。母が私を特別だと言っていた理由、知りたいですか?

 母が言うには、私、桃から生まれたらしいんですよ。そのせいで、こんな名前をつけられたんですけどね。

———————

本作は、音声投稿サイト「HEAR」での朗読、ラジオドラマにご活用いただけるシナリオとして、「HEARシナリオ部」の活動内で作成いたしました。

HEARでの使用に限り、断りなく使用することができます。

その際、説明欄等に、以下クレジットをご記入いただけますと幸いです。

また、HEAR投稿時のタグに「回顧」もしくは「HEARシナリオ部」と入れていただきますと、作成いただいたコンテンツを見に行くことができるので嬉しく思います。

○クレジット

シナリオ作者:柚坂明都(ふぁいん) https://hear.jp/finevoices

シナリオ引用元:それはまるで大空のような https://fineblogs213.com/retrospective/

コメント

タイトルとURLをコピーしました