ローマ帝国兵の悩み

 アパートメントの扉を開けると、どんよりとした灰色の雲が目に入った。今にもひと雨きそうな空模様。だが、その程度のことで、私の足が止まることはなかった。

 袋に入った愛刀を左手に、すっかり慣れきった道を歩きだす。きっちりと舗装された道路、そして、そこを高速で鉄の車が走るこの光景にも、もはや驚きはない。この時代に転生した当初は、偉大なるローマ帝国を遙かに超える技術力に、言い様もない悔しさも覚えたものだが、そんな思いもとうに薄れた。

 だが、変わらぬものもある。この私の魂だ。

 転生して数年。平和なこの時代、この国に、ローマ帝国兵たる私が呼ばれた理由は未だ分からない。文化も常識も違うこの時代で、苦労することは多く、理解はできても受け入れられないこともある。例えば人々は、平和を疑わず、はっきり言って軟弱極まりない。当然ながら、そんな時流にのまれ、自らも堕落するような私ではなかった。

 私はこの時代でも、私であり続ける。……あり続ける必要がある。そのために、今日もこの道を歩くのだ。

「師範、おはようございます。本日もよろしくお願いいたします」

 とある住家じゅうかの門を開け、一礼して挨拶をする。すでにその人は軒先で待ってくれていた。

「来たか」

 白髪はくはつが入りまじった頭を、短く刈り上げたこのお方こそ、今世における我が師たる人だ。私はこの時代、学び舎にて、「剣道」という武術を学んでいる。

 剣の道とは、なんと素晴らしい名を冠した武術だろうか。前世でも剣を振るっていた私だが、剣は剣でも片手剣。盾を持つことを前提とした戦闘しかしたことがなく、ゆえに、今世でこの武術に出会ったときには、血の滾る思いがしたものだ。

 この時代において鍛錬が必要かどうかは分からない。どれだけこの身を鍛えようとも、前世のように、国のため、人々のために生死を賭けるような機会は、おそらくないだろう。では不要か? ……否、この身を鍛えることこそ、栄えあるローマ帝国兵たる我が誇り。決して失うわけにはいかなかった。

「では、はじめろ」

 時刻は朝六時。我が師は、静かに告げて腕を組む。私も口数が多いほうではないが、師は、なおのこと寡黙な人だ。普段から、修練を見る目も厳しく、それゆえ、同じ部に属する同輩の中には、師の陰口を叩く者もいる。が、私にはその厳しさが心地良かった。

 思えば、帝国の上官もこんな人柄だった。前世で私が新兵だった頃は、今の同輩と同じように、陰でこっそりと文句を言うこともあったが、おかげで強くなれたという経験もある。それは武力の面でも、精神の面でもそうだ。……そう、もしも武力が不要と言うのならば、せめて私は、この心を磨く道を歩む。

 収納袋から愛刀を取り出し、構えをとる。竹製の刀ではあるが、私の相棒であることに違いはない。姿勢を正し、腕を振り上げ、右足を前へ。踏み込みと同時に振り下ろす。

 声は出さない。平時であれば、同輩の友と肩を並べ、全力で声を出すところであるが、今日は休日。師に頼み込み、こうして住家じゅうかにて教えを請うているに過ぎず、周りの家々には、まだ眠りにつく者も多いだろう。ゆえに、この時間は、声の分まで力を込めた。あと数時間もすれば、声も出せるようになるだろう。

 踏み込み、身を引き、また踏み込む。まずは基本となる中段の構えで、繰り返し刀を振り下ろす。その間、師は何も言うことはない。ただじっと、その目で私の姿を見つめるのみだ。だがそれで、私の心は張り詰める。そのまま研ぎ澄ますように刀を振り続けていると、調子が良ければ、師の視線を忘れ、刀と一体になることができる。

 ――だが、どうやら今日は不調らしい。

「やめ」

 しばらく振り続けていると、師の声が私の体を止めた。私は腕を降ろし、刀を左手に納め、一礼する。師の視線に頭を上げられずにいると、短くも重い叱責が下った。

「剣先がぶれている。ただ振っても意味がない。少し休め」

「……はい」

 師は私の返答を聞くと、家の中に戻っていった。残された私は小さく息をつく。

「ぶれている、か……」

 軒先の縁側に腰掛け、左手に納めた刀の柄を眺めた。そういえば、帝国の上官からも同じ指摘をもらったことがあった。あれもまた、新兵の頃。初の出兵を数日後に控える頃合いだったか。初めての実戦、命の奪い合いを間近に控えたあのときも、上官の言葉に重みを感じたものだ。この重さは、芯を突かれているということなのだろう。

 前世も含めれば、数十年は戦士としてやってきた私だが、そんな今、若かりし頃と同じ指摘を受けるとは。

 あの頃とは境遇が大きく異なる。だが、異なるからこそ、ということか。

 目線を上げると、変わらず、厚い雲が空を覆っていた。いよいよ降り出すかもしれない。

 この身を濡らし、重くする雨が。

「ん?」

 ふと、背後に気配を感じて振り返ると、小さな娘が私に近づいてきていた。確か、師範の孫だったか。

 いつだったか、夕方の教練をさせていただいたとき、一度だけ目にしたことがある。垣間見ただけだが、強く印象に残っているのは、あの師範が笑顔だったからだろうか。師も、孫には弱いということかもしれない。

 そんな娘が、とてとてと私に近づいてくる。じっと、まっすぐに私を見つめる瞳は、どこか師範の面影もある。どう声をかけたものかと思考を巡らせていると、その右手に握った何かを、そっと私に差し出した。

 これは……白い玉? いや、見ようによっては人形にも見える。人形だとすれば、さながら、白い布を頭から被ったかのような、珍妙な姿だ。

「これは? 私にくれるのか?」

 声をかけてみると、娘はそれを私に押しつけるように手渡した。そのまま、脱兎のごとく走り去っていく。

 怖がらせてしまっただろうか。一応現世では、昔ほどの威圧感はないと思うのだが……いや、ないと思うの、だがな……。

「どうした」

 そんな私のもとに、師範が戻ってきた。私は手の中の人形を見せつつ、事情を説明する。

「お孫さんがこれを。しかし、これが何かと聞いてみたら、怖がらせてしまったのか、走り去ってしまって……申し訳ありません」

 それを見た師範は、珍しく、少し弛緩した表情を浮かべる。そして、

「雨を晴らすお守りのようなものだ。この天気を見たからかもしれんな。……再開しよう」

 心なしかいつもよりも明るい雰囲気で告げると、どこか上機嫌に教練の再開を促した。

 あまりの珍しさに、一瞬あっけにとられる。我に返って素早く立ち上がりながら、私はつい、呟いた。

「……お守りか。あの幼子が」

 脳裏に前世の記憶がよぎる。

「いつの時代も、変わらぬものは変わらず、変える必要もないということか」

 私は今一度空を見た。一瞬そこに、護符を差し出す我が娘の姿が重なった。戦場へと赴く私に向けてくれた、幼く、愛すべき笑顔を思い出す。

 天気は変わらず悪かった。だが、分厚い雲の奥に、少しだけ光が差し始めている気がした。

———————

本作は、音声投稿サイト「HEAR」での朗読、ラジオドラマにご活用いただけるシナリオとして、「HEARシナリオ部」の活動内で作成いたしました。

HEARでの使用に限り、断りなく使用することができます。

その際、説明欄等に、以下クレジットをご記入いただけますと幸いです。

また、HEAR投稿時のタグに「ローマ帝国兵の悩み」もしくは「HEARシナリオ部」と入れていただきますと、作成いただいたコンテンツを見に行くことができるので嬉しく思います。

○クレジット

シナリオ作者:柚坂明都(ふぁいん) https://hear.jp/finevoices

シナリオ引用元:それはまるで大空のような https://fineblogs213.com/trouble-of-roman-soldiers/

コメント

タイトルとURLをコピーしました