のんびりとした日のおわりに

0

     

     

    どうも僕です。

     

     

    今日は、明確に何か伝えたい事があるわけでも、表現したい思いがあるわけでもなく、ただなんとなくでこの記事を書き始めています。

     

     

    なんでしょうね、たまーにあるんです、こういう日。

     

     

     

     

     

    今日はお休みでしたので、10時くらいにのんびり目覚めて、そのまますぐにベッドの中で、昨晩読みかけの本の続きを開いて、それからずっと読書をしておりました。

     

     

    読んでいるのは以前も書いた「とある魔術の禁書目録」シリーズ。今ようやく、いわゆる「旧約」と呼ばれる全24冊を読みきったところでして、これでひとつの区切りを迎えました。区切りです区切り。くぎり。くぎゅう。

     

     

    酔ってません。寝ぼけてもいません。病気ではありますがこの病気は生きるのに必要なタイプの病気なので大丈夫です。

     

     

    この病気にかかっていなかったら、僕の精神はいったいどういう形成のされ方をしたのやら。それはそれで考えてみるのは面白そうですが、釘宮理恵という存在が僕の深いところに食い込みすぎているあまり正直想像もつかないので「うーん、わかんない☆」という結論しか待っていなさそうですね。

     

     

    なんの話だ。

     

     

    まあ、まとまりがなくても今日は良いでしょう。

     

     

    ああそう、くぎゅ様にも若干関わるかもしれないんですけどね、先日、「南條愛乃が好き」って話をしたじゃないですか。

     

     

    それがね、ほんとにもう、それこそくぎゅ様と出会って以来のどストライクでしてね、かわいいんですよね、かいちょー。

     

     

    だから実は今、僕、こう思っています。

     

     

    「もしかして女性はアラサーからアラフォーくらいが一番かわいいんじゃね?」

     

     

    と。

     

     

    驚愕ですよね。いや、驚愕なんですよ。少なくとも昔から僕を知っている人からすれば間違いなくね。だって、今までのふぁいんさんだったらこんなこと、絶対に言わなかったんですから。

     

     

     

    確かに昔からくぎゅ様好きでしたよ? 好きでしたけど、それはあくまでくぎゅ様が「特例」なのであって、基本的に僕は年下好きだったんです。

     

     

    それが今、くぎゅ様以外に「南條愛乃」という事例を見つけたことで、新たなる可能性が芽生えている。くぎゅ様が特例なのではなく、実は今まで気付いていなかっただけで、僕は年上に可愛さを覚える人間なのではないか、と。

     

     

    まあ、実際のところどうなのかは分かりませんけどね。「南條愛乃」も特例である可能性だって十分ある。ただ、ひとつだけ確実に言えることは、

     

     

    年齢関係なく、かわいい人はかわいい。

     

     

    ということです。

     

     

    ……これ言っちゃうと、年下好きとか年上好きとか、そもそもそれを論じるのが間違っている感じになっちゃいますね。今気が付きました。だって「年齢関係なく」って言っちゃってますもん。「要はかわいい人が好き」ってことになりますもん。

     

     

    いや、むしろそれが真理なのかもしれませんね。

     

     

     

     

     

    さてさて本格的にこの記事は一体なんなんだという感じになってきました笑

     

     

    なんなんだついでにもういっこ、全然違う話を。いや、全然違うっていうより、話を冒頭の「読書」に戻す感じですかね。

     

     

    皆様のなかには、普段全然本読まないよ―って方も、すげー読むよ―って方もいると思うんですけど、読書スピードってどれくらいですか?

     

     

    僕はおそらく、速いか遅いかで言うと遅いほうに属すると思います。文章を目で追う速度が遅いのか、目から得た情報を脳で理解するのが遅いのかは不明ですが、結構時間がかかります。

     

     

    「禁書目録」シリーズで言うと、1冊平均3時間半くらいかかってるんじゃないですかね。210分。1冊あたり300ページとすると1ページ読むのにかかる時間は42秒です。

     

     

    これをどう捉えるかは各々だと思うのですが、僕としては、んーもうちょっと速くしたいなあって感じです。

     

     

    1ページ30秒にできたら良いのになあと思います。そうすれば300ページで9000秒。なんと1時間の短縮です。その分、同じ時間でより多く読み進めることができますよね。素晴らしい。

     

     

    時折僕は、人生の時間って限られてるんだよなあと思うんです。読書をしているときはすなわち、「読書をするという行為に時間を使うことを選択している」わけで、単純にそれが短くなれば、他のことに充てられる時間が増えることになります。だからこそ、僕はもう少し本を速く読みたい。

     

     

    不可能でないことは分かっているんです。なぜなら僕の妹は、本を読むのが速いから。妹にできるなら兄にもできるはず。……なんですけど、なにしろこの兄は、実は結構色々な面で妹に負けているので、同じことをするには相応の努力がいるんだろうなあと思います笑

     

     

    スペックの高い妹が誇らしい反面、頑張らねばとも思うふぁいんさんなのでした。おわり。

     

     

    ……えっ、この記事そんな終わり!?笑

     

     

     

     

     

    ちなみに余談ですが、「人生の時間って限られてるんだよなあ」と仕事中に考えるのは、仕事に楽しさややりがいを覚えている方以外にはおすすめしません。

     


    fripSide『inside synthesis3』と

    0

       

       

      しばらく何も書かずにいる間に、すっかり秋になりました。ご無沙汰しております、ふぁいんです。

       

       

      「読書の秋」とはよく言ったもので、涼しくなり始めてから自然と本を読むようになりまして、ここのところは1〜2日に1冊くらいの早すぎないペースでラノベを読んでいます。今、読んでいるのは『とある魔術の禁書目録』シリーズ。以前マイブームが来たときにまとめ買いして、封も切らずに本棚に並べてあったそれを、少しずつ読み進めている日々です。ようやく読み始めたか、という感じですね笑

       

       

      ひとたび「波」がくると「兎にも角にもとりあえず手に入れておこう」として、うおおおおっ、と衝動的にまとめ買いしてしまうのは、社会人になってからの悪い癖。まさに「大人」買いということなんでしょうが、お金の使い方にはもう少し気をつけないといけないかもしれませんね。

       

       

      ……と、言いつつ、実は今、読書の他にもうひとつある「波」が僕のなかで発生しておりまして、今回はその話をしようと思います笑

       

       

      「南條愛乃」という波

       

       

      僕のTwitterをフォローしてくださっている方がいればご存知かと思いますが、実は少し前僕には『ラブライブ!』という波が来ておりました。

       

       

      サンシャインじゃないです、Aqoursじゃないです、μ'sのほうです。いやサンシャインもいずれ観ようとは思っていますが。

       

       

      なんで今更ラブライブ? と思われるかもしれませんが、誰かに勧められたとか、サンシャインが放送開始したからとか、特にそういった理由があったわけではありません。気まぐれ……そう気まぐれになんとなくで「dアニメストア」で『ラブライブ!』を観た、というそれだけなのですが、なんにせよ僕はμ’sが好きになりました。

       

       

      そしてそんな僕は例にもれず、物欲を発揮することになります。

       

       

       

       

      とりあえずすぐに、こうしてベストアルバムを2枚買いました(さすがに数が多すぎてCD全部は無理でした)。

       

       

      音ゲーがめちゃくちゃ苦手なくせに「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」(スクフェス)もダウンロードしました。

       

       

      「dアニメストア」で劇場版もレンタルして視聴しました。

       

       

      あっという間にラブライバーの仲間入りを果たしたわけです。

       

       

      それから、寝る前や休日にYouTubeでμ’s関連の動画を漁る日々が始まったわけなのですが、

       

       

      そこで僕は、新たな波を発生させることになりました。

       

       

      それが「南條愛乃」です。

       

       

      ……ようやくここにたどり着きましたね笑

       

       

      まあつまり要約しますと、

       

       

      最初は単純にμ’sが好きで、μ’sを見るために色々と動画を見ていたけれども、徐々に「おや? ナンジョルノ可愛いぞ」という思いが芽生えた

       

       

      というシンプルなお話です。いやはや、これを話すために何行使っているのやら笑

       

       

      そしてようやくここで記事タイトル。

       

       

       

       

      好きになったらすぐ購入、の流れを裏切らず、CD、買いました。昨日発売のfripSide 4thアルバム『infinite synthesis3』です。ジャケットの帯にも記載されているとおり、Blu-ray付きの初回限定盤ですね。

       

       

      そして実は、一週間くらい前にこちらも買っています。

       

       

       

       

      こちらは南條愛乃個人名義の2ndフルアルバム『Nのハコ』ですね。こちらも初回限定盤。なんならAmazonの購入特典付きのやつでございます。その特典たるポスターは今、僕の部屋の壁を彩っていますよ。

       

       

      μ’sのベストアルバム2つに『Nのハコ』、そして今回買った『infinite synthesis3』……そんなにCDを買ってどうするんだ、と自分でも思っています笑

       

       

      が、『とある』シリーズがとりあえず本棚に並べられていたように、CDもとりあえず買っておけばいずれ間違いなく聴きます。むしろCDのほうは、通勤の際に車内で絶対に聴くので、無駄にはなりません。問題点はひとつひとつのアルバムをじっくり聴き込むことができないという点ですが……ご安心ください。それを踏まえて今回は、一旦ここでアルバム購入を自重しています。

       

       

      fripSideの「4th」アルバム、南條愛乃の「2nd」アルバムと書いたように、まだまだ買いたいアルバムはいっぱいあるんですけどね。さすがにそれを一気に買うと、本当にひとつひとつの曲を味わえなくなってしまうので、我慢です。

       

       

      その代わりというかなんというか、南條愛乃オフィシャルファンクラブ「ごきんじょるの 友の会」には入会しておきました。一過性のブームで終わりそうもないくらいジョルノが好きになっている実感があるので、入ろう、と思って。

       

       

      この愛の向き方はくぎゅ様へのそれと似ています。だからこそこれは本物だ、と思ったわけです。

       

       

      まだファンクラブの会員証(住民票、と呼ぶらしい)等は届いておりませんが、楽しみに待とうと思います。

       

       

      ――くぎゅ様もファンクラブ作ってくれたら入るのになあ。年会費5万までなら即払う。いやほんとに。

       

       

       

      余談:南條愛乃の呼び方について

       

       

      ここまでの文中、何の説明もなしに南條さんのことを「ナンジョルノ」、「ジョルノ」と呼称してきましたが、南條さんの呼び方には、実はいくつかあるようです。

       

       

      ファンになりたての僕が知る範囲なので、他にも色々あるのかもしれませんが、主だったものが、

       

       

      「ナンジョルノ」(または「ジョルノ」)

       

      「南ちゃん」

       

      「かいちょー」(ファンクラブ内)

       

       

      のようです。

       

       

      そこで僕が思ったのは、「さて、どう呼ぼうか」ということ。

       

       

      響きで言うと僕は「ジョルノ」が気に入っているのですが、個人的になんとなく字面に可愛さが欠ける気がしているんですよね。

       

       

      かといって「南ちゃん」は、これも個人的事情ですが、どうしても「南」という一文字から『ラブライブ!』のことりちゃんが頭をよぎってしまってなんとなく紛らわしいのでどうかなーと思っておりまして(ちなみにふぁいんさんはことりちゃん推しです。もちろんエリーチカも好きですがことりちゃん推しです)。

       

       

      じゃあ「かいちょー」か? となるわけですけれども、文中で不意に「かいちょー」と出てきた際に「かいちょー」=「南條愛乃」につながるかが疑問だったりするわけです。

       

       

      じゃあもうおとなしく「ジョルノ」にしとけよ! って話なんですけど、んー……ってなって結果堂々巡り。

       

       

      困った僕はとりあえず、「かいちょー」にすることにしました。そして、そうすることにしたからこそその「余談」を書いたわけです。

       

       

      今後、このブログ内やTwitter等で「かいちょー」と出てきたらそれは「南條愛乃」を指しています。皆様どうそ、そういうことでよろしくお願いします。

       

       

      以上、「余分な話」と書きながらちょっとだけ重要な話でした。

       

       

      いや、まあ少なくともブログで「かいちょー」と書くときは文脈から「かいちょー」=「南條愛乃」だと分かるように書くつもりなので、やっぱり余分と言えば余分な話なのかもしれませんね笑

       

       

      ではでは、なんだかんだ結構長く書いてしまったので今回はこの辺で。

       

       

       

       

       

      ――にしても、釘宮理恵に南條愛乃。なんというか、このふたりを見ることで自分の好きな女性像がなんとなく見える気がしたりしなかったり。とりあえず、ふたりとも本気でかわいい。

       

      fripSide
      NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
      ¥ 4,301
      (2016-10-05)


      1

      profile

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << October 2016 >>

      search this site.

      selected entries

      categories

      archives

      links

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM